国家資格・技術士一次試験合格対策の通信教育講座

技術士一次試験対策 通信教育講座一覧

◇ 技術士一次試験対策 専門科目合格対策

技術士への登竜門!基礎から専門科目までまとめて対策できます。

技術士一次試験対策「電気電子部門」
電気電子部門
受講期間:6ヶ月
個人39,960円/法人37,800円(税込)

技術士一次試験対策「機械部門」
機械部門
受講期間:6ヶ月
個人39,960円/法人37,800円(税込)


◇ 技術士一次試験対策 基礎科目・適性科目合格対策

技術士一次試験対策「基礎科目・適性科目」 技術士補への第一歩!基礎を強化したい方へ。
基礎科目・適性科目
受講期間:3ヶ月
個人21,600円/法人19,440円(税込)


ここが違う!JTEXの通信教育講座

1.通信教育講座だから充実のサポート。疑問点も即解決!

学習の進捗に合わせた実力判定テストを複数回分準備。無理なくあなたのペースで学力が身につきます。さらにマークシート方式では扱えない、計算問題や論述問題を中心とした自由提出課題も設定。テキストの内容やレポート結果などの質問は、質問券を利用して回答を受けることができます。

2.カリスマ技術士が全講座を監修。

技術士(電気電子、総合技術管理)、電験一種、情報処理擬・・・etc.難関の国家資格を総ナメにしてきた工学博士・宮田明則氏が、全講座を監修。例題の選び方1つとっても、視点が違います。

3.45年の経験をもつJTEXだから実績が違う。

JTEX(職業訓練法人日本技能教育開発センター)は、45年間、技術系国家資格取得対策講座を開発してきました。国家資格合格者は3万人以上輩出。実績が違います。

技術士って?

 技術士は、技術士法により制度化された科学技術全般(21技術部門)の技術者に対する国家資格です。 経済の国際化により、アジア太平洋経済協力機構(APEC)区域内での技術者相互認証を受けて、現在5万人の技術士を20万人に増やそうとしています。 そのため、従来、難関とされていた技術士試験が大幅に変更され、チャレンジしやすいものとなりました。APECについでEUとの技術者相互認証も考えられています。 技術士はこれから注目の資格です。
 平成15年度からは経験年数に関わりなく第一次試験の受験が義務付けられ、「基礎科目」「適性科目」「専門科目(21技術部門)」の3科目からなりました。 幅広いジャンルから比較的最新の内容も出題されるため、十全の準備がのぞむことをお薦めします。一次試験に合格すると「技術士補」の資格が取得できます。


国家資格・技術士一次試験合格対策の通信教育講座
合格がグッと近づく。合格レポート 無料ダウンロード受付中!
『技術士一次試験突破3つのポイント』 ダウンロードは今すぐこちらから!

本サイトでは、技術士一次試験対策の情報と通信教育講座(発行元:JTEX)を提供しています。